教材で社会保険労務士に合格!

先程もご紹介したように私は働きながら受験しましたから、多くの勉強時間を割く事ができませんでした。その為必要最小限の勉強で合格することが必要なので、教材も出来るだけわかりやすくまとまった内容の物を探しました。書店で販売されているテキストと通信の資料請求をして検討しましたが、その中でフォーサイトの通信講座が一番良さそうだったのでそれに決めました。価格も安く、カラーでわかりやすいテキスト、講義の内容をDVDで見れたりと価格以上の価値を感じました。受験してみて思うのですが、社会保険労務士に合格する為には教材選びが物凄く重要だと思いました。私の会社の同僚も受験したのですが、通信を利用していて教材を見せてもらったところ、テキストに文字がビッシリつまっていてわかりにくく、要点もまったくまとまっていないので、あれを全て覚えていたのでは、とてもじゃないけど合格するのは無理だろうと思ったくらいです。そこの通信は物凄く有名な老舗の学校で、価格も相当高いらしいです。ちなみにその同僚はまだ合格していなく今度で5回目のチャレンジです。やはり教材選びは物凄く重要ですね!皆さんも是非慎重に選んでください。そこで私が社会保険労務士の勉強をしていて気づいた良い教材、良い通信だと思うことをまとめてみました。是非参考にして下さい。

  1. 適度な大きさのテキストであること。
    B5くらいの適度な大きさにすることにより、持ち運びも可能で、あいた時間に軽く勉強することが出来てとても便利です。特に社会保険労務士を受験する人は働いている方が多いので、いつでも、何処でも勉強できるスタイルにしとくのは必要だと思います。
  2. 図表を使ったテキストであること。
    文字だけのテキストですと覚えづらく複雑に感じますので理解するのに時間がかかり、無駄な勉強時間を使っていることになります。しかし図表化することで、ぱっと見で理解できますし、見て覚える事が出来るので記憶しやすくなります。
  3. フルカラーのテキストであること。
    モノクロのテキストだと重要事項がわかりにくく単調な為、記憶しにくい欠点があります。それに比べフルカラーだと重要項目が一目でわかり、何を中心に勉強していけば良いのかが理解できるので効率的な勉強をすることが出来ます。
  4. CD・DVDを用意してあること。
    どうしてもテキストだけだと、単調な勉強になり飽きがでて挫折してしまうこともあります。ですがCD・DVDだと見て聞いて覚えることが出来るので、記憶しやすく、理解が早まり、たのしく勉強することができますね。また講義の内容を何度も復習できるメリットもあります。
  5. 質問事項に対応できること。
    これは教材ではなく通信に必要なことですが、勉強していていく内にわからないことがたくさん出てきます。そんな時に一人で悩み続けても解決できないので、質問事項に答えてくれれば勉強の効率化が図れます。またモチベーションを上げることも出来ます。

>>私が実際に使った教材と勉強法はこちらです。これで合格することができました。