社会保険労務士の試験

最近の日本の社会では、就職活動をするにあたり、何かしらの資格を取得していないと、なかなか厳しいといわれている世の中になっています。 もちろん、新卒の場合、表向きは資格は必須となっていないケースが多いですが、それでも就職活動をはじめるまで、資格を取得している学生というのは少なくありません。

それほど資格を取得していると、プラスに働く傾向があるということになります。企業によっては、資格の有無はあまり重要視しないという場合もあるようですが、実際のところ内定に至るまでに、何が決めてになるかは企業のみしか分からないといったところでしょう。

最近はこういった傾向から、大学生が在学中に資格を取得するために、勉強をしているのも珍しくありません。中でも特に人気の高いのが、社会保険労務士の資格になります。
しかし社会保険労務士は、なかなか簡単に取得できる資格ではありません。比較的、難易度の高い受験資格があり、それらをクリアしたものでなければ、受験に参加することすらできません。

受験資格には3つの種類があります。まず学歴、次に実務経験、他に資格取得者となります。いずれかが該当すれば、試験を受けることが可能になります。
学歴は高等専門学校、または短大、大学を卒業された方が受験資格を得ることができます。実務経験から受験資格を取得する場合は、社会保険労務士もしくは、社会保険労務士法人、または弁護士、もしくは弁護士法人の業務の補助に従事した期間が3年以上になると、受験資格を得ることができます。
または3年以上、社会保険手続きや労働保険などといった人事や労務での実務経験がある方が受験資格を得ることが可能になります。

>>私が実際に使った教材と勉強法はこちらです。これで合格することができました。