独学で狙える社会保険労務士

国家資格の中でも、試験がとても難しいことで知られている社会保険労務士の資格は、なかなか独学で勉強して資格取得できる試験ではありません。 よほどの強い信念と意志を持ち、また自己管理能力が長けているひとでない限り、自分で勉強のスケジュール管理をしながら合格を目指すのは難しいといえるでしょう。

とても難易度の高い試験としてしられており、毎年のように合格率は1桁台となっており、単純にいうと10人に1人が受かるか受からないかといった超難関の試験となっています。

一般的には試験に合格するためには、大学や専門学校で専攻の授業を受けたり、試験対策用の授業を受けるといったことが多いようです。または実務経験を積みながら、受験資格を目指すといった方も少なくありません。
どちらにしても、一日二日勉強したからといって、簡単に取得できる資格ではないため、社会人の場合だと、資格スクールなどに通いながら、計画的に資格取得のためのスケジュールを組んで勉強しないと、厳しいとも言われています。

どうしても学校に行く時間が取れなかったり、資金的に厳しいといった場合、独学で考えるといった点もありますが、そういった方の場合、実務経験を実践しながら一人で勉強を行うといったほうが望ましいと言えるでしょう。
全く実気経験も知識もないまま、いきなり資格取得を考えて一人で勉強を考える場合、最低限でも通信教育を利用するなどといった工夫をするようにしたほうが良いでしょう。
また、試験に合格するまでに2~3度の不合格は覚悟しておかねばなりません。いきなり初回の試験で合格できるほど、簡単な試験ではないため、何度かは試験を受けなくてはならない心づもりで挑んだほうが良いでしょう。

>>私が実際に使った教材と勉強法はこちらです。これで合格することができました。