合格率の低い社会保険労務士

最近では就職活動や転職活動をする場合、国家資格を取得しているほうが何かと有利になるとされています。
しかし、実際にその資格が必要かどうかは、その企業で募集している業務や職種によって異なりますので、どの資格を取得していると有利になるとは言いがたい部分があります。

最近では国家資格の中でも人気の高い資格というのは、ほとんど定番化されてきていますが、中にはとても合格率の低い、難易度の高い資格というのも多数あります。
そういった資格の中で、就職に有利とされている資格が行政書士や社会保険労務士などになります。企業の中でも特に、総務系に有利とされる資格となりますが、それほど多くの人材の募集が行われていないため、狭き門となっています。

総務の中でも、特に労務や人事に関わる業務になりますので、専門知識も必要になってくることから、資格を持っていると重宝されることが多いようです。しかし、業種や職種によっては、資格を持っていても、なんの役にも立たない場合がありますので、やはり自分が目指す職種や業種などを考えてから、資格取得のための勉強をがんばったほうが良いでしょう。

合格率も毎年のように一ケタ台の、決して簡単な資格ではないため、やはり資格を取得した以上は、それを活かせる職種に就きたいものです。
専門の事務所などの求人数は、圧倒的に少ないため、なかなかチャンスに恵まれることは少ないかもしれませんが、一般企業の場合でも、労務に関わる職種というのは必ずありますので、一般企業の労務関係の求人を狙ってみるのも一つの手段かもしれません。
なかなか狭き門となっていますので、スキルをあげるためには計画的に転職を考えておくことも必要となってくる場合もあります。

>>私が実際に使った教材と勉強法はこちらです。これで合格することができました。