受験資格の必要な社会保険労務士

近頃では資格を取得していないと、就職もまともにできないといわれるご時勢ですが、多くの新卒の方や、転職を予定されている方は、資格取得に励んでいるかと思われます。
特に最近必要とされている資格の多くは、実務で実用できるタイプのものが多く、簿記やIT系の国家資格などといったように、すぐに実務で活用できるタイプの資格に人気が集まっています。

中でも社会保険労務士や行政書士といった資格は、企業の総務などで必要とされる資格として人気があるだけでなく、ゆくゆくは独立できるかもしれないといったことで、注目されています。しかし、それだけ人気の高い資格ということは、それだけ難易度の高い国家資格であるということにもなります。

社労士を目指す場合、誰でも簡単に資格を取れるのではありません。まず資格をとるための受験資格が必要になってきます。この資格を取得できないことには、受験すら受けることが難しいといったことになります。

3種類の資格が必要となっており、学歴か実務経験、国家資格取得者のいずれかに該当する方は、社労士の試験を受けることが可能となります。 最も可能性の高い学歴になると、高等専門学校、または短大や大学を卒業した方は、受験を受けることが出来ます。
実務経験になると、社会保険労務士もしくは社会保険労務士法人、または弁護士もしくは弁護士法人の業務の補助に従事した期間が、通算して3年以上になると試験を受けることが可能となってきます。または、労働保険や社会保険手続きなどに従事する仕事で、労務や人事経験が3年以上ある方が対象になります。

>>私が実際に使った教材と勉強法はこちらです。これで合格することができました。